--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
05.21

怖がりな自分

Category: 未分類
母が亡くなってからあとちょっとで一年を迎えようとしている。。

自宅で看取った私にとって死の直前の様子が今でもはっきりと記憶に残っている。

あたりまえか・・・苦笑

兄弟ふたりいるのだけど
最期の瞬間を共にしたのは私一人だけであった。

とても静かに眠るように召されていきました。

まさに本人が希望していた最期であったに違いないと思っている。

一切の治療を受けないという選択でありました。

しかし、、どんな形の死でも悲しいものですね。

たまに思い出しては流れるまではいなかい涙が出ます。




ちなみに私はとても怖がりなのですが

母が亡くなって以来旦那が残業で遅くなる日なんかも

家に一人でいても全くきにならないというのは

奇跡に近いのであります(笑)

母がいろんなものを・・・私の弱いところを持っていってくれたのかな・・・

なんて勝手に思ったりしています。

そんな母に感謝かな?









スポンサーサイト

トラックバックURL
http://taketake222477.blog.fc2.com/tb.php/36-6498c804
トラックバック
コメント
お母様亡くなって、まだ1年なんですね
私の母は、亡くなってから3年です。

たあさんは怖がりな方なんですね~
私も、どちらかと言えば怖がりです
怖い話聞いた後、鏡を見るのもビクビク(~_~;)

やっぱり母は偉大ですよね!
mamadot 2014.05.22 20:29 | 編集
☆mamaさん

怖がり仲間ですね^^;

そうでしたか・・・3年たてば少しは思い出さなくなるかな・・・

この歳になっても親に壁を作っていた自分にとっては
いつも複雑な心境で苦しんだ時期もありましたがやはり掛け替えのない存在でしたね。

たあさんdot 2014.05.22 22:48 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。